カテゴリー: 離婚生活

幸せな離婚だと思う友人の話

幸せな離婚だと思う友人の話

職場の友人が離婚経験者です。

子供2人を連れて実家に戻り、その後話し合いにより離婚したそうです。

話をよく聞くと、なんでそんな人と結婚したの?と思うような元旦那さんで、元々ギャンブル好きなのもダメですが、貯金も無いのにプロポーズしてきて彼女の貯金全て使ってしまったとか。

結婚後もギャンブル好きは収まらず、借金がもう手遅れな程膨れ上がり、旦那さんの親には管理できない妻が悪いと責められ、逃げるように実家に戻ったそうです。

その後の話し合いでは、旦那さんはもちろんのこと、旦那さんの親までもが養育費の支払いを渋ったようです。

自分の子供と孫の養育費を渋って、その話し合いが全く進まず、実家に戻ってから正式に離婚するまで2年かかったそうです。

あと、マイホームを夫婦の共同名義で建てたのも少し面倒だったと話してました。

結局養育費は、彼女が諦めた形になり、今も貰ってないそうです。彼女の実のお母さんが元公務員だったため?児童扶養手当も正式離婚後2年位はもらえなかったそうで、最初はすごく大変だった、と言ってました。

でも、気持ち的にはすごくスッキリしているようです。

光目覚まし時計(inti4がおすすめ。

離婚後の生活は裕福ではないですが、実家に戻っているので食事の用意などはお母さんがやってくれるので、安心してフルタイムで働けるようです。

彼女がわりと恵まれていると思うのは、実家に戻れている事と、わりと実家が余裕のある御家庭なのかな?という事。

彼女は会社の同僚なんですが、あの給料だけで家族3人で暮らすのはやっぱり厳しいと思いますもん。派遣なのでボーナスも無いですし。

上の子が部活で運動部に入っているらしく色々お金がかかる事や、今後の進学についてが悩みのようです。ボーナスも退職金も無いのでね、そりゃ不安ですよね。

なので夜Wワークをやっているようなのですが、実家に戻っているから出来る事なのかな?
やっぱり実家に戻れた事は恵まれてるな、と思います。

あと、お母さんが結構貯めててくれてるんじゃないかな、と想像してるんですけど。

昼間会社で働いて、夜Wワークして、昼間の仕事中すごく疲れて眠そうですが、結婚していた頃よりは前向きな気持ちなんだそうです。

結婚していた頃は、自分が稼いだお金が旦那の借金の支払いで消える、なんで旦那の借金のために働かなきゃいけないんだ、と毎日思いながらだったから、と言ってました。

離婚して幸せになった、と言えるのかな?と思います。今後の目標は、子供達が認めてくれるような素敵な人と、もう1回くらい結婚したい、と言っています。

母の日のプレゼントをもらいました

母の日のプレゼントをもらいました
揉めに揉めた離婚を経験して、今年で3年が経過しました。

特に親権については、相手が譲る気配がなく、話し合いでは決着が付きませんでした。

そのため離婚調停になり、結果的には親権は私に。

そしてシングルマザーの生活にも慣れ、3回目の母の日を迎えました。

今回の母の日には、子供たちからプレゼントをもらいました。お花を作る紙で作った、カーネーションです。真っ赤な紙で作られています。

紙の先を細かく三角に切っているので、広げるとカーネーションのように見えます。真っ赤な色の紙は、とってもきれいです。大きなカーネーションは、壁に飾ることにしました。

そして、お手紙も付いていました。上の子は、感謝の言葉とかわいい飾りがついていました。下の子は、好きな動物の絵がかいています。

ウサギ、キツネ、タヌキ、ネコです。とても上手に書けるようになりました。それぞれに特徴をとらえて、見てすぐにわかりました。両方ともうれしかったです。大切にしたいと思って保管箱に入れました。

上の子は、夜ご飯を作るのも手伝ってくれました。みそ汁と、サラダを作ってくれました。包丁の使い方が上手になったので、安心して任せることができます。

皮をむくのもきれいです。キャベツ、大根、白菜、豆腐、なすびを切ってくれました。それぞれの料理に合った切り方をしてくれました。

そして、なすびを炒めてくれました。いい感じの火の通り方でした。味付けもちょうどよく、おいしかったです。

子供が手伝ってくれると、時間はかかりますが、役に立つようになってきました。忙しいときなど、ちょっとしたことでも頼めます。

まるで小さいお母さんのようです。仕事で忙しいときや、仕事で疲れた時に、またお願いしたいなと思っています。

妊娠活動ちゅうにいろいろありました、子供を産んで本当によかったです。

離婚後の母子とものメンタル面

離婚後の母子とものメンタル面
離婚してからというもの日々感じる事があります。

子供に心理面についての事です。

父親不在の母子家庭という現実。我が家は下の子が2歳で上の子が5歳になった時に離婚が成立しました。母親である私としては、離婚しての生活で気持ちも晴れやかに前進しているのですが、子供にとっては父親は父親であります。

回りのお友達家族を見て、私なりに子供が本当はどう思っているのだろう?

「パパ」という言葉をいわなくなった5歳の長男の心を思うと、深夜子供の寝顔を見ながら涙があふれる事の正直あります。

また、子供がこの先成長するに伴い、反抗もするでしょう・・・その時に自分が離婚をした現実を告げる時等、子供の成長に伴う様々なシーンを思うと、母親としても戸惑う気持ちが最近出てきました。

子供の成長といえば乳酸菌ってとても大事ですよ。

きっと、シングルマザーのお母さん達って、頭の中は休む暇なく動いていると思います。
今は考えなくてよいこと・金銭的な事・将来の事等・・・挙げるときりがないほどの不安や葛藤の中で生活しているお母さん達って多いかも知れませんね?

私も、実際に離婚せざるおえなかった現実で、今シングルマザーとして幼児を育てながら、隙間時間での在宅ワーカーとしてまだ細々でありますが、生計を立てる為に始動を開始した所です。

でも、気持ちは実に前向きです。正直不安がないといっては嘘になるかも?知れませんが・・・

ほとんど不安はありません。人間いつどうなるか?わからないものです。

1日1日を一生懸命に必死に生きていく事で、人生ってきっと拓けていくものだと思います。

不安は横において、日々頑張りたいと思っております。

人生一度きり。後悔の無い選択を

人生一度きり。後悔の無い選択を

私は、現在自分の実家で父親、叔母、夫と、他に従業員3名の自営業で働いています。

かれこれ6年程働いていますが、典型的な成金主義な親達の経営ぶりにうんざりで、日々辛いです。しかも、事務の御局様には散々愚痴を言われ、彼女と居たく無いが為に会社を辞めたい程大嫌い。

しかし夫は、私が実家に居て、安定した生活がある方が安全だと思い込んでいて、辞めたいという話を聞いてくれはしても、重い腰をあげてはくれません。確かに、本当に先行きも安心であれば、それも一理あるのですが…。

会社は祖父が作り、その時共に建てた不動産の借金も一代で返済しました。また、バブル期に入った事もあり、当時は売上もあったらしいのですが、現在は赤字続きです。

しかも、不動産の方も全くと言って良い程手をかけておらず、まるで幽霊ビルです。

そしてもう3年程前ですが、夫が現在の医療では完治しないと言われている大病にかかり、このまま継ぐ事になってしまったら…と思うと、毎日気が重くてなりません。

親達が、この仕事で頑張って働いてくれたというのは分かっていますが、父親が毎日犠牲になったような顔をして見て来た事を思うと、どうしても、嫌々やっていてはいけないと思わずにいられません。

なんと言うか、このまま不安を抱えたまま、なぁなぁで行ってしまっては後で絶対に後悔するような気がしてならないのです。

現在私は30歳なのですが、今から転職して引っ越して、夫は病気なのでまともに働けるか分からない…どちらを取っても不安に違いは無いのですが、自分を信じて、納得のいく選択を取るしかないと思っています。

一度きりの人生なのだから、後悔の無い選択をしたいと思っています。

まだ、すぐにどうのこうの難しいと思いますが、自分のペースで頑張ります。

最後に従業員の息子さんの話です。

まわりの友達は一年で10センチも背が伸びたなどの話はきくのに、そのこは一年で2センチしか伸びなかったそうです。

親はやはり心配になりますよね。何が原因でいじめに発展するかわからない昨今ですから、身長のことも軽く考えることはできないようです。

両親の身長は平均的らしいので、あまり心配はいらない気もしますが、身長って親からの遺伝よりも日常的な生活のほうが重要らしいのです。

身長は食事・睡眠・運動の3つが重要とのこと。

親が気をつけてあげればできることも多いので、仕事をしながらだといろいろ大変かもしれないけど、頑張って欲しいと思います。

シングルマザーと保育園行事

保育参観

今日はチビちゃんの通っている保育園の参観日でした。
仕事を休んで参加したのですが、チビちゃんの成長が目に見えて本当に可愛かったー!
保育園に預けられたことで働くことができてとってもありがたいです。
しかし他の家の方々は、パパとママと一緒に参加しておられたりしてシングルマザーについて考えさせられる一日でした。

パパがいない事でチビちゃんに可哀そうな思いをさせていないかな…とか、パパとママと一緒に楽しそうに参加している家庭を見て何を感じてどう思ったかなぁ…とかね。
参観日、遠足、夏祭り、運動会、演劇会、保護者会と保育園は行事がいっぱいあるんです。
これからチビちゃんが大きくなるにつれて、親子行事も増えるんだろうな。
離婚もツラかったけど、離婚した後も「お父さん」という存在の事を考えてこんなにツラくなるとは思っていなかったです。

仕事と子育てとの両立はなかなか難しくて、保育園の送り迎えも全部わたしがしないといけないし、家に帰ったら家事をしてお風呂に入れて寝かしつけて…と、とっても忙しい毎日。
しっかり仕事をしていないとチビちゃんと一緒に生活ができないし、わたしの代わりはいないよね。
後悔してもしょうがないけど、一緒に頑張ってくれる存在がいないという事はなかなか大変だなあと思いました。

これからチビちゃんは毎日成長して出来ることも増えていくと思う。
わたしには笑ったり、時には怒ったりしながら一緒に子どもの成長を分かち合える相手がいないんだよなと考えさせられました。
子どもの事で困ったことを誰にも相談できないのは不安だな。

パパとママ、二人そろった当たり前の家族が羨ましいなぁと思った一日だったのでした。
明日からもチビちゃんの為に頑張るぞー!